NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

サラリーマンができる副業の種類はたった3つだけなんです

f:id:yamatatsu-kun:20181018083840p:plain

こんにちは、小宮山です。

筆者は32才までは、歴代経営陣が良くしてくれたのもあって、会社を背負って立つ人材であるという自負がありました。

最後は刺されて終わり、今はポートフォリオワーカーを目指して副業に邁進しています。

  1. マネージャーより上に行くのはコスパが極めて悪い
  2. 転職すると信用ゼロのソルジャーに戻るから、またフルコミットして積み上げていくのは、しんどい
  3. 定年から年金もらうまでの間は、会社のブランドを使えないただのニートの老人になる

ってなことから、30代の今から副業での実績を積み重ねていこうと思って、コツコツとこなしています。

とはいうものの、最初は

  • どんな副業がいいんだろう?
  • そもそもサラリーマンができる副業って、どんなものがあるんだろう?

という感じの手探り状態を経て、今に至っています。

今回はサラリーマンができる副業分野について、解説します。

細かく言うと100コぐらいありますが、種類は3つだけです。

副業における6つのタイムゾーンについて

私たちの時間は、どんな人であっても24時間です。

通常サラリーマンであるなら、9~18時は拘束されます。

残業があると22時まで拘束されるときもあるでしょう。

なのでまずは、サラリーマンの仕事以外の時間のどこで副業を行うことができるのか、やることを決意するのかがスタート地点になります。

  1. 24時間はざっくり6つのゾーンに分けることができます。
  2. 通勤時間を含んだ、起きてから出社するまでの時間である、モーニングタイム
  3. サラリーマンの午前中の就業時間である、ワークタイムAM
  4. ランチを食べたあとの昼休憩である、ランチタイム
  5. サラリーマンの午後中の就業時間である、ワークタイムPM
  6. 多くの人が余暇に使う、アフター5
  7. 妻と子供は寝てしまい、自由に使えるナイトタイム
  8. 疲労回復する、スリープタイム

f:id:yamatatsu-kun:20181018084022j:plain

筆者のケースを紹介させていただくと

  • スリープタイムには最低でも7時間は必要
  • アフター5は家族サービスにしないと、妻がプンスカになる

ので、副業に使える時間は

  1. モーニングタイム
  2. ランチタイム
  3. ワークタイム内の細切れ時間

しかありません。

どのタイムゾーンにて自由に行動できるかが、自分がやれる副業の種類も決めてしまいます。

独身だったら、アフター5を使えるので選択肢は大きく広がります。

副業の分野は3つに分けられる

みなさん、副業って言葉を聞いたときに浮かぶ仕事には、どんなものがありますか?

  • せどり
  • 民泊
  • ヨガのインストラクター
  • バイト
  • クラウドソーシング

などなど、たくさんあって選べませんよね?

いろんな副業がありますが、ざっくり言えば次の3種類に分けることができます。

  1. 不労所得タイプ
  2. 労働力提供タイプ
  3. 物々交換タイプ

不労所得は、株や不動産などのように購入した後は半年に1回ぐらい手を加えるだけでお金を生み出せる事業のことです。

放置しててOKという、自販機みたいなビジネスなので、手間が最もかからない点が魅力的です。

在庫も持たなくてよいです。

一方で、利益率は極めて小さいです。

労働力提供タイプは、塾講師やトレーナーのように、対人関係の作業の対価としてお金をもらう事業のことです。

これはサラリーマンとおなじように、自分の時間と労力をモノ・サービスに変えていく形式です。

サラリーマンで培ってきた専門性を生かしやすいですし、利益率は最も高いですが、時間の拘束と必要な労力は多大です。

最後の物々交換は、ヤフオクとかメルカリがイメージしやすいと思います。

利益率はそこそこで、在庫ができてしまうかもしれません。

在庫が山積みになると悲惨です。

株や商社の世界では先物取引ってやつですから、あまりおススメしません。

まとめると次のようになります。

f:id:yamatatsu-kun:20181018084138j:plain

最後は不動産に行きつくけれどリスクも高い

筆者の副業は、不労所得タイプのみです。

なぜなら

  1. 役職者になる前までは、労働力提供タイプの副業はコスパが悪かった。残業する方がたくさん稼げたので
  2. 20代ならともかく、家族サービスも加わった状況で、別途働くってのは体力の回復が間に合わなくなる
  3. ヤフオクとかメルカリは、大量に仕入れて大量に売るみたいにガチでやると、読みが外れて在庫の山ができたときに悲惨だった

からです。

それに、10年後に不労所得で年収500万あれば大成功という計画でやってますから、利益率が小さくてもいいんです。

継続し続けて、積み上げまくればいいだけですから。

もちろん、たまに労働力提供タイプの副業もやってますが、こちらは会社の外の世界における信用を蓄積するのが主な目的なので、今のところ儲けは考えていません。

おそらく独身&とんでもない体力がある人以外は、みんな不労所得タイプの副業に行くと思います。

ただし10年スパンでの継続が必要です。

不労所得タイプで手っ取り早く稼ぐなら、不動産でしょう。

10年前なら、ボロ家を安く買ってリフォームして高い賃料をもらうという事業が成立してました。

けれど今は都市部の駅近以外では、成立しませんし、ライバルが増えてレッドオーシャンになっています。

不動産で一番怖いのは、売れなくなることです。

バブル時代に建てられた別荘地・・・たとえば新潟の湯沢なんて、今いくらになってると思いますか?

1円です。

それでも売れません。けれど、土地の税金は払わなくてはなりません。

バブルのときに10億円で買ったなら、毎年2000万円の固定資産税がかかります。

最後は不動産で不労所得になりますが、不動産は買ってよいタイミングが株よりもシビアです。

筆者も不動産を考えた時期もありますが、アベノミクスが弾けるまでは、他の不労所得タイプを積み重ねていこうと思っています。

それでは本日のまとめです。

  • 私たちの時間は、6つに分けられる。モーニングタイム、ワークタイムAM、ランチタイム、ワークタイムPM、アフター5、ナイトタイム、スリープタイム。どのタイムゾーンにて自由に行動できるかが、自分がやれる副業の種類は決まる
  • 副業の分野は、不労所得タイプ、労働力提供タイプ、物々交換タイプの3つに分けられる。いずれのタイプも手っ取り早く稼ぐ手段はあるが、リスクも高い
  • 最後は不労所得タイプでもっとも稼げる不動産に行きつくが、失敗すると人生が詰んでしまう。10年スパンでコツコツ積み上げていったほうが良いと思う

もちろん、たまにやっている労働力提供タイプの副業でヒットしたら、そっちをメインにすると思います。

会社でこれ以上頑張っても、コスパ悪いなと思ったら、ぜひ3つの副業から自分にマッチしそうなものを選んで、スタートしてみてください。

では、また明日。

Ciao~。

金持ちになる副業100選 サラリーマンを副業にする超副業術

金持ちになる副業100選 サラリーマンを副業にする超副業術