NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

脳は音楽と共鳴することで正常化&リラックスできる

f:id:yamatatsu-kun:20180223073104p:plain

こんにちは、小宮山です。

筆者は独身のときは、お風呂に入ったあとのくつろぎタイムで、いつもジャズをかけてました。

バーを経営している友人がいて

「リラックスするなら、クラシックもいいけどジャズがおススメだよ」

といってお店のCDを山ほど貸してくれました。

確かにクラシックや大好きなJ-POPかけるよりも、心と体がくつろげて眠りもバッチリでした。

それ以来は旅行やホームパーティーするときには、いつもスマホから音響機器をとおしてジャズを流しています。

これがなかなか評判がよくて、いいこと教えてもらったと友人に感謝しています。

今日のエントリでは、脳をリラックスさせてくれる方法をメカニズムを交えながら解説します。

私たちの脳は音楽と共鳴することができます。

最近では、この特性を利用して

  • リラックスしたり
  • トラウマの治療に応用したり

しています。

ニューロフィードバックという脳を配線し直す方法

薬がでてくるまで脳の活動は

  • 化学信号
  • 電気信号

の両方に依存していると理解されていましたが、脳の電気信号に関する研究はすっかり忘れ去られてしまってました。

ところが2000年にオーストラリアで行われた実験で、流れが大きく変わります。

正常な人のグループとトラウマを負った人のグループそれぞれに、テーブルやイスに混じって置いてあるトランペットの画像を選ぶようにお願いして、そのときの脳波をチェックしました。

すると

  • 正常なグループでは、脳のすべての部位が協調して同期したパターンを示した
  • トラウマを抱えたグループでは、脳波は協調せず、まとまったパターンにならなかった

んですね。

トラウマを負っている人は、選別・集中・分析という一連のパターン認識作業ができなくなるのですが、脳波にそれがハッキリと表れていたんです。

f:id:yamatatsu-kun:20180223073158j:plain*1

脳波には異なるリズムが混在していて、それぞれ脳の異なる部位の活動を示していることが分かっています。

f:id:yamatatsu-kun:20180223073303j:plain

*2

なので外から、それぞれのリズムとおなじ周波数の電気信号もしくは音を浴びせると、対応する部位が活性化します。

トラウマを負った人に行い続けると、脳内が正常に配線し直されて完治したという結果が、2007年から報告され始めました。

このように、脳波とおなじ、あるいは共鳴する電気信号・音を浴びせて脳を配線し直す方法をニューロフィードバックといいます。

最強の健康法であるダンス

私たちが音楽を聴いて、

  • 眠気を感じたり
  • リラックスしたり
  • 集中したり

するのは、聴いてる音の周波数が対応する脳の部位が発する脳波とおなじだったからなんですね。

トップアスリートたちは

  • 集中したいとき
  • リラックスしたいとき

に応じて、聴く音楽を厳選しています。

トップオブトップになると、脳波に沿った音楽を作曲家に作ってもらってます。

それと私たちの身体は、エクササイズすることで、

  • ストレスやうつを抑えられる
  • がんにかかりにくくなる
  • 脳の細胞を育てる肥料であるBDNFが35%も増える
  • IQと言語能力が発達する
  • 認知症になる確率が半分になる

などのご利益を得られることが知られています。

エクササイズを行うことで、

  • ホルモンバランスの正常化
  • 幸福をつかさどる神経伝達物質セロトニンの分泌
  • 遺伝子のコピーミスの激減

が起こるのが理由です。

体を動かすと、健康になれるってことですね

ここまで読んでいただいた方なら、もうお分かりですよね?

そうなんです。

音楽を聴きながらエクササイズすると、むっちゃ健康になるし、頭もよくなるんですね。

つまり、ダンスは最強の健康法なんですよ。

あの何とも言えない開放感・気持ちよさには、ちゃんと理由があったんです。

サウンドメディテーションもおススメだけど・・・

ここ最近、アメリカで次世代のマインドフルネスを開発する運動が盛んになっています。

マインドフルネスは日常動作である

  • 歩く
  • 触れる
  • 呼吸する

などの動作をするたびに「~してる」と認識し続ける作業です。

ただ感じるだけ。

自分の感情を主体者としてではなく、第3者として見ると、怖れ・心配・不安・怒りなどの負の感情が心に生まれても、傍観することができます。
ココロの筋トレとも言われてます。

次世代のマインドフルネスには、大きく2つの流れがありまして

  • 古臭いお題目と思われて排除されていた、ブッダの教えである「五戒」を応用する、正統派のアップデート
  • 脳波の周波数にあわせた音楽を併用する、サウンドメディテーション

です。

www.youtube.com

実は宗教の

  • マントラ
  • 般若心境
  • 言霊

の秘密は、その周波数にあります。

日常とは異なった脳を活性化するので、不思議な気持ちになるってのが種明かしです。

なので脳の部位に応じた周波数を

  • 耳から聞き
  • 体で感じる

ことで、気持ちよくマインドフルネスができるってことです。

ただし注意点がありまして、マインドフルネスにしろ、脳波と共鳴する音楽にしろ、ちょっとした心の旅に出るのならともかく、日常とは異なった脳を使用する変性意識の状態に行くと大変なことになります。

変性状態に「耽る」と、普通では経験できない至福・恍惚感を得られるので、ハマり込むことが多いんです。

アメリカでは大麻を併用しながら、サウンドメディテーションしてる一派もいるそうですから。

行き着く先は

  • 気狂い
  • クンダリニー症候群
  • 魔境
  • 霊障
  • 偏差

といった統合失調症になってしまいます。

筋トレもやりすぎると、大けがするでしょ?

なのでサウンドメディテーションをするなら、副作用を最小限におさえるためにも、パーソナルトレーナーの立ち合いをおススメします。

西麻布のデポルターレというジムであれば、大丈夫ですね。

www.deportareclub.com


それでは本日のまとめです。

  • 脳波とおなじ、あるいは共鳴する電気信号・音を浴びせて脳を配線し直す方法をニューロフィードバックと呼ぶ
  • 音楽を聴きながらエクササイズすると、むっちゃ健康になるし、頭もよくなる。ダンスがおススメ
  • サウンドメディテーションもおススメだけど、変性状態に「耽る」と統合失調症になってしまうので、パーソナルトレーナーの立ち合いが必須

では、また明日。

Ciao~。

*1:身体はトラウマを記憶する

*2:身体はトラウマを記憶する