NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

経営、ヘルスケアを中心に人生100年時代の生き方に関する情報を発信&子育てネタも少々。

お餅がどれだけヤバイ兵器なのかを説明しましょう

f:id:yamatatsu-kun:20180120073434p:plain

こんにちは、小宮山です。

年末年始になると、家でおもちを食べる人が多いです。
筆者も年始にはかならずおもちが欲しくなります。
お雑煮、きなこもちは必須です。

ところがお医者さんにとって、年末年始はおもちでノドを詰まらせて運ばれてくる人が多いとのこと。

今日のエントリでは、そんなお餅がどれだけヤバいのか・詰まったときどーすればよいのかを解説します。

毎年1月に1300人以上を死に追いやるお餅

消費者庁のホームページに、窒息で死亡する人の状況をまとめたデータがあります。

f:id:yamatatsu-kun:20180120073513j:plain


わざわざ赤い点線で囲まれている部分に着目してください。

毎年12~2月に急増し、1月がピークになっています。

また、その9割以上は65才以上であり、おもちによる窒息が原因です。

毎年1月に1300人以上を死に追いやってるんですね。

10年で13000人ってことは、原発で死ぬよりもスゴイ数字。。。

お餅がノドに詰まって窒息したとなると

  • 1~2分で意識消失
  • 5分程度で心肺停止

になるので、救急搬送されてきた段階でほぼ全員が心肺停止ということです。

お餅による窒息を救命することは、とても難しいんです。

餅はなぜ詰まるのか?

お餅は熱いうちは柔らかくて伸びますが、口に入れると体に熱を奪われて冷めていきます。

冷めると固くなるだけでなく張りつきやすくなるので、ノドに張りつくと窒息してしまいます。

お年寄りがお餅を詰まらせやすいのは、温かいうちにお餅を飲み込めないからです。

お餅を飲み込む力が弱っているから、どうしても口の中で長時間モゴモゴせざるを得ない。

モゴモゴしてると、冷えて行ってもちに粘りがでてきてくっつきやすくなってしまいます。

「ノドに詰まったのなら、口から吸引すればいいじゃない?」

ってことで、吸引器具が売られています。

www.youtube.com

けれどお医者さんは、吸引を否定しています。

窒息してるってことは、固まりで張り付いていることが多い。
吸引で粘らず、咽頭展開して直視下に異物除去鉗子でつまみ出すのが一番確実である。

と国立病院機構名古屋医療センターER室長の近藤医師は述べています。

吸引なんてたかが知れてるから、ノドに器具を突っ込んで餅をつまみ出すのがベストってことです。

餅はノドに詰まるだけとは限らない

さてそんなお持ちですが、ノドに詰まるだけとは限りません。
温度が下がると硬くなって張りつくってことは、腸で詰まることもありえます。
もちによる腸閉塞は、もちを食べてから半日~数日たってから起こるケースも多い。
なのでもちを食べた後で腹痛になったら、食べたことをお医者さんに必ず伝えるべきです。

もちはCTスキャンではっきり見えるので、早期発見できます。
腸閉塞になった場合、口から胃カメラを入れるようにイレウス管やNGチューブを入れて減圧して、
腸の動きを改善させて自然に排出するようにします。

それでもダメな場合は、開腹手術とのこと・・・((((;゜Д゜)))

なので筆者の実家ではおもちを食べるときは、ほぼお雑煮にしています。
ぐつぐつと長時間煮れば、おもちはむっちゃ柔らかくなりますからね。

水も吸ってくれるから、そうそう硬くならない。

おかげで祖父母も90才近いですが、とくに問題なくお餅を食べています。
それでは本日のまとめです。

  • お餅は毎年1月に1300人以上を死に追いやっている。ノドにつまって窒息するのが原因。
  • お餅は熱いうちは柔らかくて伸びるが、冷めると固くなるだけでなく張りつきやすくなる。
  • お餅がノドに詰まって窒息したとなると、1~2分で意識消失し、5分程度で心肺停止になるから、ほぼ助からない。
  • お餅が詰まるのはノドだけではなく、腸でも起こりえる。下手すると開腹手術になる・・・
  • どうしてもお餅が食べたいのなら、ぐつぐつと長時間煮たお餅にするべき。温度も上がるし、水も吸うから簡単には硬くならないため

では、また明日。

Ciao~。