NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

マインドフルネス(瞑想)で体感時間を遅くできるよ

f:id:yamatatsu-kun:20180107084614p:plain

こんにちは、小宮山です。

年の瀬になると必ず

「今年もあっという間だったね~」

という言葉が挨拶代わりにでますよね。

みんな年を重ねるにつれて、時が経つのが早くなっていく感じがしませんか?

筆者は

「小学生のときは、幼稚園のときに比べて早くなってるな~」

「中学生のときは、小学生のときに・・・」

「高校生のときは、中学生・・・」

ってな感じで、時が経つのはどんどん加速しているように感じています。

学生証が更新されるたびに

「老けたな~」

と自分の顔見て思ってましたっけ。

今は免許書ですね。

ちょっと前まで30才だったのに、もう30代後半かよ・・・って。

今日のエントリでは、そんな年齢にあらがえる体感時間を遅くできる方法について解説します。

体感時間はジャネーの法則に従う

私たちの体感時間が短くなっていくことは、19世紀のフランスの哲学者であるポール・ジャネと彼の甥の心理学者ピエール・ジャネが明らかにしました。

ジャネーの法則と呼ばれており、簡単にいうと

「時間の心理的長さは年齢に反比例する」

ってことです。

たとえば50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。
よって50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

ジャネーの法則は

「今現在進行している時間の体感速度」

ではなく

「過去を振り返った時に感じる時間の長さの印象」

を歴史上初めて論じた点が、ブレークスルーです。

10秒は誰が数えても10秒ですが、後で振り返ってみると長さが違ったように感じますよね。

記憶のチャンギングが原因である

なぜ過去を振り返った時に感じる時間の長さが、年を経るごとに短くなっていくのか?

  • 年を取ると子供のような驚きがなくなるから
  • 経験が増えて生活に新鮮さがなくなるから

などなどいろんな説がありますが、最近の研究結果では「記憶のチャギング」なるものが原因であるとされています。*1

チャンキングとは、多くの情報をひとまとめの固まりにすることです。

たとえば

「19068301872」

みたいにランダムだと訳が分からないですが、

「190-6830-1872」

みたいにケータイ電話のような区切りを区切りを入れると覚えやすいですし、流れもスムーズですよね?

人間は頭のなかで時間の流れに固まりを作るほど、時間が速く流れていくような感覚が起きます。

年を取るほど人生の記憶が増えていきますから、似たような出来事は自然に固まりにしてしまいます。

結果として過去を振り返った時に感じる時間は、短くなっていくんですね。

体感時間を遅くする方法

体感時間を遅くするってことは、チャンキングを防ぐってことです。

つまり新鮮な体験に満ち溢れた状態で、日々を過ごせばよいんです

苦労しているときは長く、楽しいときは短く感じることが多くないですか?

いろいろなことをやった時間は「長かった」ように感じられるし、たいしたことをしなかった時間は「短かった」と感じられるんです。

苦労しているときは、改善しよう・耐えようとしてあれこれ無意識も含めてやっていますが、楽しいときはコンフォートな状態を崩したくないから、やってることはほとんど同じだからなんです。

ジャネーの法則も

「新鮮に満ちた毎日では、ゆったりとした時間が流れる」

と述べています。

「今年も早かったなー」

ってのは

「単調だったなー。退屈だったなー」

と言ってるのと同じです。

逆にいうと

「今年は長かった = 新鮮だった」

ってことは、日常のルーチンな生活比べて特別な出来事が多かったってことですよね。

子どもは確かに毎日振れるものが新鮮ですけれど

  • 運動会
  • 文化祭
  • 遠足
  • 修学旅行

など一年を通して、ワクワクするイベントがあります。

おまけに子どもの頃にみる夢って、たくさんの夢を見ているから、7時間の睡眠が10時間ぐらい眠ったように感じます。

これは短い時間にたくさんの出来事が起こっているからです。

筆者はミーティングで眠気に対抗して頑張ってるときって実際は10分ぐらいだったのに1時間ぐらいに感じるときがありましたが、これまた同じ原理。

「でもイベントなんて、そんなにたくさんやれないよ・・・」

って思ったそこのあなたには、マインドフルネスをおススメします。

マインドフルネスは、「いまここ」に存在する私に意識を集中する作業です。

研究者いわく、

マインドフルネスの体験は、見慣れたものに対する感覚を鋭敏にしてくれる。
そして、人生のスピードアップ化にも立ち向かうことができるようになるだろう。

とのこと。

筆者は寝る前・起きた直後にマインドフルネスやってますが、確かに時間は長く感じられます。

マインドフルネスって、「今ここ」を意識するたびに体感時間の流れを分断しているので、チャンギングを防いでいるんですね。

時間が短く感じるってことは、人生が素早く過ぎてしまうって感じることと同じですから、モチベーションが下がります。
だからみんな、旅行などの新鮮さを味わえるイベントを入れたがるんですけど、マインドフルネスを取り入れるとお手軽に体感時間を長くできるんです。

超おススメです。

それでは本日のまとめです。

  • わたしたちの過去を振り返った時に感じる時間の長さは、年齢に反比例する。原因は記憶のチャンギングである
  • チャンギングを防ぐには、新鮮に満ち溢れた状態で、日々を過ごすこと。旅行などのイベントを入れたり、面白いことばかり起こる仕事をするのが解決法。
  • よりお手軽にチャンキングを防ぐには、マインドフルネスが効果的です

では、また明日。

Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

*1:Why life speeds up: Chunking and the passage of autobiographical time.  Mark J. Landau, Jamie Arndt, Trevor J. Swanson & Michael N. Bultmann. Self and Identity, 1-16, 2017