NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

中国人の特徴って何だろう?

f:id:yamatatsu-kun:20171213105108p:plain

こんにちは、小宮山です。

筆者の会社が2週遅れで中国に進出していますが、同僚も先輩もひーこら言ってて大変そうです。

2つ下のエースが声がでなくなって、緊急帰国してきた・・・(((( ;゚д゚)))

他のアジア諸国とも違った付き合い方が必要とのことで、かなり手を焼いているそうです。

ヤバいのは「カンペ―」と呼ばれる、飲み会でのコールですね。

下手すると100人と乾杯させられ、絶対に飲み干さねばならないという中国の習慣です。

今日のエントリでは、中国人の特徴について解説します。

わたしたちの隣国である中国は、興味深い文化をもっています。

会社の親しい先輩に中国の人がいるんですけど、幼少時の生活がぶっ飛んでまして、話を聞いているだけで面白い。

中国って、思っていたよりもウェットな社会なんです。

とにかく人が多すぎる社会

中国人がもっているすべての特徴は、

「人が多すぎる」

ことに起因します。

中国の人口は10億人と言われています。

これがどれだけ大きいかというと、仮に中国を都道府県に分割してそれぞれの人口をほかのアジア諸国と比較したとしましょう。

トップ20のうち、13は中国の都道府県が占めるんです。

広東省だけで日本の人口と同じ1億人。

すると何が起こるのか?

管理しきれないんですよ、人を。

日本も中国も

「国会―省庁―地方都市―村落」

という形で治められているんですが、さすがに中国の人口はカバーしきれません。

人を増やそうにも、日本と同じように公務員の人件費はそう簡単に上げられません。

なのでボトム層が、トップの命令を聞かずに好き勝手にやります。

日本も同じですけど、お上が完全に制御不能なわけではないですよね。

そして中国の公務員の給料は手取り1万とのこと。

公務員の数があまりにも多いので、単価を上げることさえできない。

なので中国では賄賂・談合が当たり前になっています。

やらない人は気が狂っていると言われてしまいます。

食べていけませんからね。

一方で不正は建て前ではNGであり、発覚したら死刑にされます。

そうしないと下流層の不満が爆発するからです。

裏切られることを前提とする社会

国が安全を保障してくれない・できないので、中国は個人と個人の関係がキーになります。

グワシンと呼ばれています。

朋友という言葉を聞いたことはないでしょうか?

いったん朋友になると、家族以上に絶対的な信頼をおき、決して裏切らないことを誓います。

自分の生命よりも大切な絆という文化なんです。

とある大富豪が朋友をもてなすことになりました。

大富豪は糖尿病のため、酒は飲んではいけないはずですが、朋友が飲むといえば一緒に呑まなくてはなりません。

そうしないと裏切りになるから。

カンペ―も同じ理屈です。

同じ会社にいて絆を誓っているのであれば、歓待を拒否することは許されません。

中国のグワシンは、ヤクザの親分・子分とまったく同じです。

人と人との仁義で成り立っており、組織への忠誠はありません。

なので人間関係で著しく消耗します。

同じ会社員だからといって、こちらの言うことを聞いてくれません。

日本人が中国人をハンドリングするには、Face to Faceで行かなくてはなりません。

しかも全員と・・・。

まあ、欧米人と付き合うときと同じなんですけどね。

組織ではなく、コネが大事なんです。

ボトムを管理しきれない

儒教の国って、みんなボトムを管理しきれないんですよね。

  • 中国はトップの命令を守らせるには、違反者を死刑にしなくてはならない
  • 韓国は明らかにトップが制御できない。歴代大統領は、みんな牢屋に入れられる
  • 戦前の日本でがトップは戦争反対だったんのに、ボトムが勝手に拡大していった

などの事例に事欠きません。

日本の企業では

  • システムよりも人間性で治めるべし
  • トップは能力も秀でて聖人君子であるべし

という教えが当然のようになってますが、これも儒教が中国発祥だからです。

ボトムを制御できない国は、歴史が示しているようにいずれ内部から崩壊します。

中国っていろんな点で日本の鏡みたいになってます。

中国からシステムや文化を輸入して、今の日本が作られてきた経緯がありますから。

日本が抱えているいろんなことは、実は中国のシステムを輸入したことが原因であることが多いです。

調べれば調べるほど、面白いですよ。

それでは本日のまとめです。

中国人がもっているすべての特徴は、人が多すぎることに起因する

  • 中国も公務員の扱いには困っている
  • 中国人は裏切られることを前提とする社会で生きてきたので、会社ではなくコネが重要。命を賭してでも関係を守る
  • 儒教の国がボトムを管理しきれないのは、そもそもボトムを管理できるシステムではないから

中国のことわざに、「これは・・・!」と思うものがありました。

もしお金持ちになりたいのなら、一生懸命働くのはバカだ。
お金のにおい・お金がたくさん降ってくるところにザルを置け。
あとは勝手に貯まっていく。

筆者はこの言葉が今はやりの仮想通貨に当てはまると確信して、遅ればせながら始めることにしました。

とりあえずCoincheckでビットコイン買って、Binanceに移動してハードフォークコインもらって、積み立て投資だな~と思ってます。

では、また明日。
Ciao~。

橘玲の中国私論---世界投資見聞録

橘玲の中国私論---世界投資見聞録

 

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.comyamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com