NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

かみ合わせだけじゃなく口内フローラ(口腔細菌バランス)も超大事だよ

f:id:yamatatsu-kun:20171109080644p:plain

こんにちは、小宮山です。

筆者は結婚するまで歯磨きを朝と夜にする習慣がありませんでした。
父親も習慣がないから遺伝かもしれません。
リステリン+ジェットウォッシャーの組み合わせで、超楽ちんに歯の洗浄ができるようになってから、そんなモノグサな筆者も歯磨きするようになりました。
妻が歯磨きするから、それと一緒にやってます。
実は筆者の歯のいくつかは、いまだに乳歯です。
「乳歯は永久歯より弱いし、もう生え変わらないから大事に使ってね」
と歯医者さんに言われるのですが、つい虫歯にしてしまいます。

今日のエントリでは、口内フローラのケアの大事さについてです。
最近、腸内フローラなる腸内細菌のバランスが私たちの脳と健康に重要であることが分かってきました。
実は口内にも同じように無数の細菌からなる「口内フローラ」があります。
え? 歯周病菌だけじゃないかって?
口臭や歯肉の炎症だけでしょって?

口内最近は歯周病菌だけじゃありません。
そして口内フローラは

  • 私たちの仕事・スポーツのパフォーマンス
  • 全身の健康

にも重要だということが分かってきたんです。

口内フローラとは?

私たちの体には細菌が住み着いていて、幸福感や体脂肪率の決定に大きく影響をおよぼすことが最近の研究で分かってきました。
腸内に住んでいる細菌はおよそ400種類・100兆個ほど。
それに比べると口の中は約1000億個と数は少ないものの、700種類もの細菌が住んでいます。

口内細菌は主に

に住んでいます。

もちろん腸内と同じく口内にも

  • 口の中の健康を保つ助けとなる善玉菌
  • 虫歯や歯周病、嫌な口臭を引き起こす悪玉菌
  • 悪玉菌が増えすぎると口の中の炎症や感染症を引き起こす日和見

が生息しています。

f:id:yamatatsu-kun:20171109083956p:plain*1

面白いことに家族全員で同じような菌バランスになることがあります。
これは食習慣が口内フローラに大きく影響しているからなんですね。

 口内フローラと全身の健康

最近の研究で口内フローラは口内環境だけでなく、生活習慣病などの全身の健康にも関わることがわかってきました。

菌バランスが乱れていると歯周病や虫歯の発症も多くなりますが、

  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 大腸がん
  • 膵臓がん
  • リウマチ性関節炎

といった病気を引き起こすリスクも高くなるんですね。
特に歯周病との関連が強い病気の代表が、糖尿病です。
糖の代謝に関わるホルモンであるインスリンの効果を下げる物質を悪玉菌が出すからです。

また腸内と違って、口の中は細菌が容易に血管へと侵入できるんですね。
血液の中に入り込んだ歯周病菌は、血管を刺激して動脈硬化の原因となる物質を増やします。
おまけに血管内で慢性的な炎症も引き起こすので、がん抑制遺伝子が機能を停止してしまい、細胞のがん化が進行するんですね。

口内細菌が乱れただけで、どえらい悪影響が起きるなあ・・・と思いますが、そもそも口は人体にとって、大切な栄養素の入り口。
入り口の健康状態が損なわれれば、せっかくの栄養素もしっかり吸収することはできませんからね。
もちろん、歯の健康も悪化します。
ちょっと不摂生をするだけで歯茎が腫れたりしませんか?
あれも口内フローラの乱れが原因です。

口内細菌が腸で増えると潰瘍が誘発されることがサイエンスという有名な学会誌に報告されました*2

私たちは唾液や食物と一緒に、1日に約1000億個もの口内細菌を飲み込んでいます。
体内に入った細菌のほとんどは胃で殺菌されますが、一部は腸まで届きます。
マウスの実験で、代表的な歯周病菌であるジンジバリス菌が腸内環境に与える影響を調べたところ、腸内フローラのバランスが崩れ、有害物質の侵入を防ぐ腸のバリア機能が低下して、全身的な炎症が起きたという結果が報告されています。これらは糖尿病などでみられる状態とよく似ており、口内フローラが全身の健康に影響する因子の一つとして注目されています。

現代人の口内フローラ

そんな大事な口内フローラですが、古代人のそれと比較した結果、現代人の口内フローラは種類が激減しちゃったことが判明しました。

近代人の口内細菌のエコシステムは、過去の人類よりも明らかに多様性が減っている。これが慢性的な疾患のもとになっている。

人類は過去に2度にわたって、虫歯の原因になるバクテリアが激しく増加したんですって。*3

そのタイミングは、

  1. 狩猟採集から農耕に移動した時代
  2. 産業革命で食品の大量生産が可能になった時代

の2つ。

やっぱり口内フローラには、食生活が大きく影響してるんですね。
実際に狩猟採集民は虫歯が極端に少ないって結果が出てますしね。

口内フローラを良好に保つ方法

口内フローラを良好に保ちたくなってきましたよね?
そんなあなたに向けて、歯医者さんが口内細菌を守るためのガイドラインを提示してくれています。
ポイントは6つ。

  1. 口内細菌の保護。殺菌成分が入ったマウスウォッシュや歯磨き粉を使わないで歯磨きする。
  2. 生野菜で細菌を取り込む。ときどき生キャベツを食べて乳酸菌を補給するなど。週1でOK。森永のオーラバリアで善玉菌を増やしてもよいかも。
  3. 善玉菌が好む栄養を取り込む。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、コエンザイムQ10が豊富な食品は、口内細菌の状態を改善するため
  4. 口内細菌の活動時間に合わせて食事する。口内細菌は時間によって活動状態が変わる。日中に活動して夜中は休憩する。なので日中に大きな食事をしておいて、夜は少なめに。
  5. 食事は定期的におこなう。口内細菌は食事のタイミングで自身の体内時計を調整しているので、不定期な食事や時差ボケがあると混乱してしまう
  6. ストレス解消。ストレスは腸内細菌によくないが、口内細菌にも同じ。マウス実験では、慢性的なストレスで口内の良いバクテリアが減る現象が確認されている。

要するに殺菌成分を使わずに歯磨きをきちんとして、食生活をきちんとしてストレスフルな生活はやめましょうってことです。

それでは本日のまとめです。

  • 超だけでなく口内にも善玉菌、悪玉菌、日和見菌が生息している
  • 口内細菌のバランスが崩れると、生活習慣病、がん、心臓病のリスクが高くなる
  • 殺菌成分を使わずに歯磨きをきちんとして、食生活をきちんとしてストレスフルな生活はやめることが口内フローラ改善のポイント

ではまた明日。

Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com
yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

 

*1:https://mainichi-nyuulife.com/mechanism/oral_flora.html

*2:Ectopic colonization of oral bacteria in the intestine drives TH1 cell induction and inflammation, 新幸二、須田亙、Chengwei Luo、河口貴昭、元尾伊織、成島聖子、木口悠也、安間恵子、渡辺栄一郎、田之上大、Christoph A. Thaiss、佐藤繭子、豊岡公徳、Heba S. Said、山上博一、Scott A. Rice、Dirk Gevers、Ryan C. Johnson、Julia A. Segre、Kong Chen、Jay K. Kolls、Eran Elinav、森田英利、Ramnik J. Xavier、服部正平、本田賢也, Science 2017

*3:腔微生物:古い人骨の石灰化歯垢プラーク)の塩基配列決定から、新石器時代および産業革命期に起こった食生活の変更に伴う口腔微生物叢の変化が明らかになったChristina J Adler,Keith Dobney,Laura S Weyrich, John Kaidonis,Alan W Walker,Wolfgang Haak,Corey J A Bradshaw,Grant Townsend,Arkadiusz So?tysiak,Kurt W Alt,Julian Parkhill,Alan Cooper Nature Genetics  45, 450?455 (2013)

広告を非表示にする