NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

略奪愛さえ可能な恋愛強者になるために必要な5つのテクニック

f:id:yamatatsu-kun:20171101111040p:plain

こんにちは、小宮山です。

渋谷のハロウィンって、出会いを求めてる男女にとってはサイコーのイベントだよなと思います。

とはいっても大多数の男女は「地蔵」みたいになってるんでしょうけどね。

筆者もそうでした。

モテる同僚は、ここぞとばかりに

「女の子調達してきます」

と言って街に消えていって、30分後にモデルの子2名を連れてきたときには、そりゃーびっくりしましたもの。

太宰治

「モテるようになるには、異性と関係をもってたくさん経験を積むべし」

と自著で書いてます。

最近の20代の若い子は昔よりも地蔵になってしまう子が多いですから、モテる子はレアカードになりつつあるのかもしれませんね。

さて今日のエントリでは、恋愛強者になるための細かいテクニックについて解説します。

誰もがこのひとは恋愛強者だなと思うのは、略奪愛を成功させた男女でしょう。

略奪愛を成立させるには、

  • 自分がS級の美女であること
  • もしくは財のある男性であること

が王道です。

しかしこれらは恵まれた人だけに備わった才能です。

普通の人はたくさんのテクニックを駆使することで、恋愛強者になるしかありません。

「なんだー、彼氏もちかー」

であきらめてるそこのあなた。

大丈夫、何とかなりますよ。

ターゲットの外堀から攻める

この場ではパートナーをもった人を、「高値の花」と定義します。

独身に比べたら彼氏彼女もちは、少なくとも異性から認められた人ですからね。

ふつうの人が高値の花を落とすために、まずはあなたの魅力を認識させる必要があります。

ですが正面突破をするのは、NGです。

「おれ、xxxぐらい稼いでるんだよ~」

「有名人と知り合いなんだよ」

という感じで、自分で自分を褒める人はモテません。

「自分で自分の評判を説明しなければならないほどい、レベルの低い人」

と思われるからです。

サラリーマンにも居るでしょう。

飲み会や合コンでわざわざ自画自賛してる人。小物臭プンプンだと思いませんか?

そもそもパートナーの評価は自分の評価に直結します。

男女ともに自分が属しているコミュニティにパートナーを紹介したときに、自分の評価が下がるのは耐えられないのがふつう。

なので、ターゲットの外堀から攻めるのが王道です。

どんな子であっても、彼氏彼女の友達・知人から高評価を得るのが先決。

友達に

「あの人、すごいよね~」

と言わせるのが大事。

特に親友もしくは尊敬している人に言ってもらうと効果的。

無理であれば行きつけのお店に連れてって、席を立ったところで主人にそれとなく言ってもらう。

そして評判を上げていったあとに

「他にも彼氏彼女の候補がいること」

をちらつかせます。

他の人の影をちらつかせるのは、Aクラス以上の男女に有効です。

限定商品にはみんな弱いでしょ。

無くなるまえにモノにしなくてはならないという気持ちを起こさせるんですね。

他の男女との違いを際立たせる

ふつうの人が高値の花にあなたの魅力を認識させるには、ほかの男女との違いをアピールする必要があります

新卒採用にも当てはまりますが、人の評価って相対的なんです。

「あるグループの中だったら、この子がいいね」

というのが相対評価

「僕はみんなが何て言ったとしても、この子がいいね」

というのが絶対評価

やっぱり自分が属しているコミュニティからの評価が気になるんですよ。

となると、ターゲットの子が

  • ちやほやされまくっている子であれば、ちやほやされているところを軽くディスる
  • 周りが自画自賛ばかりしてる人だったら、あえて自慢しないで相手のことを質問しまくる
  • 地蔵ばっかりだったら、自信満々の人のようにふるまう

といった振る舞いが効果的です。

少なくとも

「あ、この人面白そう」

と思われることが先決。

興味のないところから関係性は生まれません。

筆者はモテ男の友人から紹介してもらったモデルの子と付きあったときに、

「あなたは私の外見をぜんぜん褒めなかった。だから気になったの」

って言われてたことがあります。

安心感をもたせる

興味をもってもらえたら、食事に行くアポがとれます。

アポがとれたら、安心感をもってもらう必要があります。

安心感をもたせるテクニックは3つ。

  1. エスセット話法
  2. ミラーリング効果を踏まえたジェスチャー
  3. 時間を区切ったアポのセッティング

それぞれをざっと説明していきましょう。

エスセット話法は、営業などで使われている手法です。

例えば、

Aさん「このところ、晴天が続きますよね。」

Bさん「そうですね。晴れてると気持ちがいいですね。」

Aさん「天気がいいと、どこかに出かけたくなりますね。」

Bさん「そうなんですよね。家にいるのももったいないですもんね。」

Aさん「ドライブとか気持ち良さそうですね。」

Bさん「いいですね。好きな音楽をかけながら…。」

このように何度も同意させると、相手の心理的バリアーがとけます。

安心感が芽生えてくるんですね。

注意点としては、話題の選び方。

相手が面白いと思う話題にしなくてはなりませんが、これは場数踏むしかないです。

たくさん話のネタを日ごろから仕入れておきましょう。

ミラーリング効果を踏まえたジェスチャーとは、相手のしぐさを真似するということ。

「この人、わたしと同じタイプなのかも・・・」

といった共感をもたせることで安心感が生まれます。

露骨にやると逆効果なので、体もつかってリアクションすると思えばOKです。

KYなリアクションは、自然と取りませんからね。

時間を区切ったアポのセッティングとは、食事を終える時間を決めて誘うということ。

サラリーマンなら常識ですが、エンドレスな飲み会だったらそもそも行きませんし、嫌ですよね。

安心感をもってもらうためというよりは、マナーですね。

信頼感をもってもらえれば略奪愛が可能になる

安心感をもってもらえれば、プライベートな話題を向こうから話してきます。

家族や友達の話題が多いですが、たまに

「いまの彼氏彼女」

の話題を振られます。

筆者も経験あり。

自分から話題を振るのもありです。

ここまで行くのが大変なんですね。

手順を間違えなければ、略奪できます。

そもそもいまの彼氏彼女の話題を振ってくる時点で、気がある&乗り換えOKってことですからね。

やらなくてはならないことは

「彼氏彼女を裏切るシミュレーションをさせるように誘導する」

です。

誘導するときの大事なポイントは

  1. 自信があるかのように振る舞うこと
  2. いまの彼氏彼女を悪く言わないこと

です。

これがなかなか難しい。

相手に気持ちがあるほど、彼氏彼女のノロケ話をされるとイラついてきますから。

自分の気持ちを押し殺して、ゲーム感覚でいく姿勢が求められます。

  • 彼氏のいいところを褒める = 彼女を褒める
  • 彼氏の悪いところを自分の口から言わせることで、嫌いという感情を増幅させる
  • Yes・・・Butを駆使して、彼女の気持ちを誘導する
  • 自分に乗り換えた後の生活がバラ色であることを認識させる

のが基本戦略。

あせらずに冷静に頭を冷やして臨みましょう。

筆者の場合は

「彼みたいなまじめな人・君を大事にする人はなかなかいないから、大事にしてね」

みたいに褒めたら

「そうなんですぅ! でも彼とレスになってから長いんです。求めてもしてくれないし。要求したら、マルクス資本論くれたんですよ。これを読めって」

「大好きなんでしょ? 彼のこと」

「うん。でも実は彼のことあんまり好きじゃないのかも。ほかにも・・・」

という感じでどんどん誘導していきました。

まあ、その子のルックスはミスコンで2番になったぐらいのレベルでしたが、性格がオワコンだったのでリリースしましたけどね。

ゲスいと思う方もいると思いますが、畑は限られています。

いい花という資源を収穫するのは競争になるのが自然の摂理。

仕方ありません。頑張りましょう。
それでは本日のまとめです。

  • 彼氏彼女の友達・知人から高評価を得るのが先決
  • 安心感をもたせる。イエスセット話法、ミラーリング効果を踏まえたジェスチャー、時間を区切ったアポのセッティングを駆使して
  • 信頼感をもってもらえたところで、彼氏を裏切るシミュレーションをさせる

以下は筆者の持論です。

略奪愛に応じる女性は「自分が美人であること」を認識している人です。
生まれ持っての美人という資産があるわけで。
それを間接的・直接的に売ることで若いうちは簡単に社会から優遇されます。
なので人としての性格は終わってることが多い。

筆者は性格がマッチしない人、恥ずかしい人は嫌いです。美人であっても。
そういう人はレンタルで十分。
痛い目にあってきて、そう思いました。
たまに素晴らしい性格の人もいますけど、そういう人は一般人とはくっつきません。

まさに高嶺の花。

ではまた明日。

Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

広告を非表示にする