NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

サラリーマンが在宅で副業・兼業したら無双状態になるよ

f:id:yamatatsu-kun:20171023121115p:plain

こんにちは、小宮山です。
ソフトバンクがサラリーマンの副業を解禁したとのこと。

newspicks.com

政府も働き方改革として副業を後押ししてます。
ですが副業解禁って
「定年までめんどう見切れないから、副業して自分でお金稼げるようになってね?」
というメッセージなんですよ。
ポジティブなことと思われがちだけど、実はかなりシビア。

おまけに

  • 副業でスキルをつけて収入も高くなり、時間的余裕も生み出せる人
  • 副業するほどのスキルも余裕もなく、残業代を稼ぐしかできない人

に分かれるわけで。

今日のエントリでは、サラリーマンが副業もしくは兼業するメリットを解説します。
いまどき副業しない人は転落の一途をたどるだけ。
筆者が新卒で就職した約10年前では考えられなかった状況です。

シングルインカムはリスキー極まりない

そもそも論ですが、雇われてる立場での労働ってコスパ悪いです。

  • どれだけ稼いでも平準化されてしまう。税金のように遊んでる人にも稼ぎを回される
  • 給料は卓越したアウトプットを出し続けたとしても、なかなか上がらない
  • 「マーケットからの信用」は組織に蓄積されるだけ。自分個人には蓄積されない
  • たかろうとする連中が寄ってくる

さらに頑張りすぎてうつ病になったり、体壊したらポイされますからね。
専門極めてもマーケットから不要とされたらムダになるし。

今の時代、一つの仕事に注力してシングルインカムの状態で生きていくのは極めてリスキー。
だから副業するのはマストなんです。

副業に成功したサラリーマンは最強

副業に成功したサラリーマン。
これは最強です。
なぜなら

  • 少なくともダブルインカムなので、社内で転落しても収入が途絶えない
  • 嫌なやつとの仕事、割りに合わない仕事・会議は拒否できる
  • フリータイムが確保できる
  • セーフティネットが確保された状態
  • 起業するとやらねばならない雑用から解放される
  • マーケットで会社ブランドが使える
  • 情報源・人とのつながりがある

からです。

働き方の主導権を握れるのは、お得です。

  1. 好きな場所で
  2. 家族の近くで
  3. 十分な休息を得ながら

働けるんですからね。

けれど「会社内での」出世はできなくなります。
出世したいのって、たいていは収入を上げたいのとイコールだから問題ないでしょう。

副業の形態は3つ

じゃあ副業してみようと思った、あなた。
何から始めましょうか?

副業は大きく3つに分けられます。

  1. 社内での労働
  2. 社外での労働
  3. 資産運用
社内での労働

大きい会社において社員は「歯車」なので、言われたこと・本業以外の仕事をするのは基本的にNGです。
ですが成長している部門がある会社だと人手が不足します。
社外から公募すると能力低い人を雇うリスクがあるので、まずは社内で人を探します。
そこで

「ぼくがやります!」

といって手を挙げるんですよ。
この場合は仕事を依頼する部門が弱い立場になるので、仕事の質はそこそこでOKになります。
筆者の会社内での通称は、アルバイト。
この社内アルバイトを繰り返していくと、

  • 副業で培ったスキルが本業に生きる
  • コネができる
  • 今の部署が嫌になったら、社内転職できる
  • 複数の部門からの業務依頼を天秤にかけることで、フリータイムを生み出せる。定時退社できる
  • 楽して儲かる仕事へのきゅう覚ができる。マーケティングスキルアップ

わけです。
特にフリータイムとマーケティングスキルは、サラリーマンならノドから手が出るほど欲しいもの。
フリータイム、つまり余暇があれば

  • 幸福度が上がる
  • 勉強できる・自己投資できる
  • さらに副業できる
  • リラックスできる
  • 面白い話がきたら、すぐ乗れる
  • チャンスをものにできる

んですね。

筆者が一昨年まで実践しいたのは、この社内副業でした。
欠点は、給料が増えないこと。
なので、友達の起業家たちには起業をススメられてきました。

今でもそうです。
自分が頑張った分、自分の資産になるからです。

一方で便利屋扱いされがちなので、Noをきっちり言える人でないとオススメできません。

社外での労働

社外での副業をする前に、社内で副業して評価を得ておく必要があります。
なぜなら

  • 組織内で要求される仕事のレベル
  • 社外 = マーケットで要求される仕事のレベル

は著しく違うから。マーケットの方が厳しい。

身内で評価されないレベルの仕事しかできない人は、社外の人とは仕事させないでしょ?

そして社内での労働に比べて、社外での労働はコスパ悪いです。

社外から仕事を依頼してもらうにあたっては、何かしらの仲介業者を通すのが普通です。

ですが副業のマーケットはまだ小さいので、仲介手数料は10%近いものばかり。

1万円の仕事をこなして、10%の手数料引かれて、所得税地方税まで引かれる。

よっぽどの数をこなすか上手く儲ける仕組みを作らないと、生活の糧にするのは難しいです。

ですが

  • お金を儲ける一連の仕組み
  • マーケットでの評判

を得られるので、やる・やらないでの差はつきます。

こちらも得られる金は、イマイチ。

ですが「儲けられるチャンスの数」は指数関数的に伸びていきます。

そもそも

「チャンスが少ない = 打席にたてない」

のではどんなに優秀な人でも儲けられませんから大事です。

それと社外での労働は、在宅ワークが基本になります。

筆者もちょっとだけやってましたが、報酬は

  • 美味しいご飯をおごってもらう
  • いい話を聞かせてもらう

ことでしたね。

資産運用

資産運用とは

「銀行などにお金を預けると、年利がついていく。結果として儲かる」

ことです。

銀行だとゼロ金利ですが、

であれば、リスクに応じて金利が上がります。

これが投資です。

「投機」ではありません。

こちらはバクチです。

投資:金利は低いが、10年スパンで「確実」に利益がでる
投機:なんでこれがこんなに安いの? って時に買って、高値で売る。1カ月スパン。

投機は上級者向けなので、カモられます。
副業ということで資産運用するなら、

の3つをおススメします。

ていうか、必須。

いずれも銀行、国債よりも金利高いです。

ですが、これもまた儲からない・・・。

金利は最大で5%程度なので、100万円運用して年間5万円。

美味しい話はなかなかないですね~。

ですが投資は経験値を積めば誰でもある程度うまくなるので、若い頃に投資を始めたらそれなりの資産形成が可能になります。
年をとるほど、資産は貯まっていきますから。
やってる人とまったくやらない人の生涯資産形成にはかなりの差がでます。

ちなみに部下のマネジメントも資産運用にあたります。

コスパが最もよいのは、資産運用です。

副業を続けるポイント

副業は早くやればやるほどお得になります。

分かっちゃいるけど最初は本業に比べてあまりにもキャッシュが入らないので、折れてしまう人が多い。

だって会社員であれば会社ブランドで自分の実力にゲタを吐かせてもらってスタートなのに、副業はゼロからスタートですもん。

あの倖田來未だって、avexに入って10年かかってます。メジャーになるまで。
北川景子も今のように売れるまでは10~15年かかってる。

時間がかかるんですよ。ふつうは。

おまけに

続けられる方がレア。

どうすれば続けられるのでしょう?

それは

「期待(あてに)されているよりも、ちょっとでもいい仕事をする」

ことです。

これだけ。つきあいも礼儀もふつうでOK。

「ギャラ以上だな」

という仕事をすること。

それ以外のことはしないほうがいいです。

仕事を定期的に回してくれることが大事。

というか唯一。

それがあれば

  • 小さくても前に住んでいることを実感できる
  • 遊んでいる感覚をもてる

ので副業を続けられます。

メカニズムはちょっと長くなるので、興味のある方は次の記事を参照してもらえたら幸いです。

yamatatsu-kun.hatenablog.com

それでは本日のまとめです。

  • シングルインカムはリスキー極まりない
  • 副業に成功したサラリーマンは最強
  • 副業の形態は3つ。社内での労働・社外での労働・資産運用
  • 副業を続けるコツは小さな進捗を設定すること・遊びでやる感覚をもつこと

筆者は在宅勤務を始めたときから、社外での副業を始めています。
ヨメの仕事サポートです。
筆者がプログラム書いて業務を効率化したり、先方のチームが抱えている問題にアドバイスしたり。
おかげでわが家の給料・時間は増えました。

専業より兼業のほうがスキルも横展開できるし、異分野同士の知見をぶつけて新しいアイデアも生まれるから生産的ってことです。
ではまた明日。

Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.comyamatatsu-kun.hatenablog.com

広告を非表示にする