NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

初心者でもトップランナーに必ず勝てる正しいやり方を教えます

       f:id:yamatatsu-kun:20171004091325j:plain

いろんな世界にトップランナーがいますよね。

スポーツの世界と違ってビジネスの世界では、強烈な逆ハンディ戦を勝ち抜かねばなりません。

一番できない人も、その分野で何十年もやっているトップランナーたちと競争させられます。

しかもトップの人たちは、周りの人たちがたくさん下駄をはかせてくれます。

  • 優秀なスタッフが周りにいる
  • 取り引き先も特別待遇する
  • 広告費を払わなくてもマスコミが勝手に宣伝してくれる

などなど。

こういう人たちと新人が同じ土俵で競争しないといけないわけです。

大企業とベンチャー企業も同じですね。

ベンチャー企業が同じモノやサービスを売っても、少々高くても大企業から買いますから。筆者も含めて。

今日のエントリは初心者がトップランナーに勝つための戦略についてです。
一見すると勝つのは無理ゲーですが、ある分野のトップランナーと初心者でつけられている逆ハンディキャップはふつうは約15倍な点がポイントです。

初心者は15倍努力すればいいだけなんです。もちろん努力の方向を間違えないことが前提ですけど。

自分が勝てる分野を見つける

そもそも論になりますが、トップランナーと同等以上のスキルをみにつけなくてはなりません。
10倍のハンディは甘くありません。

ところが世の中で求められる・売れる才能は時代とともに変わります。
トップランナーが持っているスキル)

= (本人のスキル:Level1~5)と(時代のニーズ:Level1~5)

トップランナーが持っているスキルは時代とともにズレていくので、レベル25だったのがレベル15まで下がることが多いです。

古くなりはじめたトップクランナーには、初心者が勝てる見込みはあるんですね。

Xは自分の実力。

これはMax.25。
Yは時代のニーズ。

これは無限。
X×Yで最強になれる。
明石家さんまさんと島田紳助さんは、Yを予想して、Yに合うようにXを鍛えていく。
だから、ずっと強いのだ。
ただし、Yは動く。

だから皆にチャンスがあるんだ。

紳竜の研究 [DVD]

紳竜の研究 [DVD]

 

トップランナーより2倍長く修練する

現時点でのトップランナーはすでに金持ちになっています。
人生スゴロクで上がりになっているので必死に働いていません。
まわりの人も優秀なので、本人は遊んでいても仕事が回ります。
彼らは情報交換と称して

  • 著名人と美味いもの食う
  • 営業と称してゴルフする

ことばかりやっています。

彼らの週の実労働時間は6時間×月~金の5日=30時間ぐらい。
しかも適当にこなしているので、密度もスカスカ。

だから9.5時間×月~土の6日間=57時間働けば超えられます。
アウトプットに注力してください。
日曜日は、その分野の専門書を読み漁ってインプットを増やしましょう。

注意したいのは、単に働くだけではNG。

DSAPサイクル回してください。

阪神の掛布も言ってます。

単に1万回素振りするなら、筋トレにすぎない。誰でもやってるでしょ。
仮説立てて改善して1万回やるから、打率アップにつながるの。

  • PDCAサイクル → Plan, Do, Check, Actを繰り返す。Planから始まる
  • PDSAサイクル → Pkan, Do, Study, Actを繰り返す
  • DSAPサイクル → Do, Study, Act, Plan。とりあえずまずはやってみるDoから始まる

f:id:yamatatsu-kun:20170917211754j:plain

ここまでで

初心者:スキル×5  & 修練時間×2 = 10
トップ:スキル×15 & 修練時間×1 = 15

まで来ましたから、もう少しで抜けますね。

チャンスをモノにする

トップランナーは現状維持にとどまる人が多く、保守的になりがちです。
リスクを取りたがりません。

だから失うものが少ない初心者のほうがガツガツとリスクを取りにいけます。

これでたまたま2倍ぐらい運が良ければどうなるでしょうか?

初心者:スキル×5  & 修練時間×2 & 運×2 = 20
トップ:スキル×15 & 修練時間×1 & 運×1 = 15
全部で20倍になって、15倍のハンディキャップを乗り越えられますよね。

サイヤ人の成長方法を利用してスキルアップする

「土曜日も働くの?  → 無理っす」

と思ったそこのあなた。正しいです。

努力しすぎて壊れてしまったら、元も子もないです。

負担の感じ方は人それぞれですから、時間をかけて行っていくべきです。

とはいえ時間には限りがあるから、負荷が高くても短時間でトップランナーに勝ちたいと思う人もいます。

そんな方には、サイヤ人の成長方法をお勧めします。

みなさん、ドラゴンボールという漫画はご存知だと思います。

主人公の孫悟空やライバルのベジータサイヤ人なんですが、サイヤ人は死の淵から蘇る度に戦闘力が上がります。

f:id:yamatatsu-kun:20171004091705j:plain

面白ことにサイヤ人の成長方法は、私たちにも当てはまります。

例えば筋トレ。

ケガするぎりぎりまで追い込んでから回復させると、筋肉が急速に肥大します。

北海道のホウレンソウ。

収穫の直前にビニールハウスをやめて野ざらしにしてるとのこと。糖度がむちゃくちゃ上がるんです。

筆者の経験も同じです。いずれも死にかけてますけれど、

  • 高校2年時。仲良しグループのメンバーが全員ほかのクラスへ。1年後、なぜか試験の点数がむちゃくちゃアップ。
  • 大学の研究室在籍時。きわめて陰湿なイジメにあう。なぜか学術論文を書けるレベルの結果をたくさん出せた。
  • プロジェクトリーダー時。赤字部門からの刺客が業務を妨害しまくるので悩んで寝れない日々が続く。心も体もボロボロになってリーダー職を降りてからは、不思議ともっと金儲けできるようになった。

一度でも自分を徹底的に追い込んだことのある人は、

  • どこまでやったらケガになるか?
  • 引き返せなくなるか?

が分かるようになります。

そして、

「スキルレベル1を5にするプロセス」

も習得しているはずです。

「一芸に秀でるものは多芸に秀ず」

ということわざの通り、プロセスを体得できればあとは時代のニーズを読むスキルを身に着ければ、最強になれます。

どこかのタイミングに短期間だけ、何かを本気でやってみることをお勧めします。

それでは本日のまとめです。

ビジネスって逆ハンディ戦で大変そうに見えますが、そうでもないんですね。
いったん上まで登ってしまえば、こんどは自分が下駄を履かせてもらえます。
追いかけてくる新参者を適当にあしらっておくだけで、贅沢な生活を過ごせるんですよ。

成功の階段は下の入り口のところだけやたらと混んでいますが、ちょっと上の方まで行くとガラガラのエスカレーターになっています。

勝手に上まで登って行けるんです。
ガンバる価値はあると思いませんか?
ではまた明日。

Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.comyamatatsu-kun.hatenablog.com

広告を非表示にする