NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

医師とバーテンダーがすすめる二日酔いを予防・解消する3つの対策

f:id:yamatatsu-kun:20170921102056p:plain

うげ~。昨日は飲みすぎた・・・頭痛い。
みなさんも二日酔いを経験したことがあるはず。

飲み会が楽しくて、ハメを外しすぎちゃった結果です。

  • 次の日がグロッキーになると分かっていても
  • 体に悪いからと注意していても

勢いで呑んじゃう。
二日酔いになっときは地獄ですから、後の祭り。
特効薬があればなあ・・・なんて思いませんか?

今日のエントリは、二日酔いの特効薬についてです。
筆者の経験をまじえながら、

といったその道のプロたちが使っている特効薬を紹介いたします。

二日酔いに効くサプリをからだに蓄えておく

2次会に行くとき、筆者は上司からいつも

ウコンの力

をコンビニに買いに行かされます。

確かに飲んでおくと、翌日は楽になります。限度はありますけど。

二日酔いに効くのは、ウコンの成分である「クルクミン」です。
クルクミンには

  • 肝臓を強化する
  • ダメージを受けた肝臓を再生させる

働きがあります。レポート多数。

アルコールを摂取する約1時間くらい前に服用すればOKです。

クルクミンには二日酔い以外にも多岐に渡ってその効能があります。

  • メンタルが改善。BCM-95というモノ。
  • アレルギー対策。2カ月間の複葉で、アレルギー性鼻炎が70%改善したというレポートあり。
  • 糖尿病のリスクを減らす

スゴイと思いませんか?

便利なウコン。

ですが人体には、ほとんど吸収されないんです。

1日12グラムのウコンを飲んでも安全なんですよ。

そこで筆者はウコンのサプリメントを毎日飲んでます。

メインテインドースです。

薬の投与には、初期投与(loading dose)と維持投与(maintenance dose)があります。

お風呂にお湯が満たされていて、蛇口から少しずつお湯が注ぎ足されているような状態を考えてみましょう。

そこにバスクリンを入れて入浴したいと考えます。

バスクリンを充分な量入れないと満足する色になりませんよね?
だからまずは大量に投入します。
薬も同様に最初は大量に投与しなければならない場合があります。
これをローディングと呼びます。
蛇口からバスクリンを含まないお湯が少しずつ注入され、バスクリンを含んだお湯があふれ出て行きます。
するとバスクリンが薄くなりますので、バスクリンの濃さを維持するためにはある程度のバスクリンを再び入れる必要があります。
これをメインテインと呼びです。
お風呂ではなく、コップにバスクリンを入れてみましょう。
バスクリンは少し入れればいいですし、バスクリンが無くなって新しい水に入れ替わっても、またちょっとバスクリンを入れれば問題ありません。
このような分布容量が小さい場合にはloadingは必要ないです。
最初から維持量で良いのです。
普通に飲む薬などは、維持量で開始すれば十分です。

ローディングしたってウコンはほとんど吸収されません。
日ごろから維持料を飲んでおけば、体にウコンが維持されるんですね。

すると、

  • 二日酔いに強くなった
  • 鼻詰まりがなくなった

のです。

筆者がおススメするウコン・クルクミンのサプリは、

ライフエクステンション社のスーパーバイオクルクミン

です。

 バーテンダーおススメの特効薬をつかう

筆者はバーに通っていました。

 バーテンダーさんはカクテルづくりの修行をします。
師匠がOKを出すまで、自分でつくったカクテルを全部飲まなくてはいけません。
ですから彼らは、二日酔いにならないためにある飲み物をいっしょに飲んでいます。

それは

「しじみの味噌汁」

です。

みそ汁は塩分が多いです。
アルコールは水よりも浸透圧が大きいので、アルコールを飲むと水が外に出されます。
お酒を飲んだ次の日、のどが渇きませんか?

体がカラッカラになってますよね?
塩分が多い水はアルコールよりも浸透圧が大きいので、アルコールを体の外に出す働きがあります。

そして、しじみ。
しじみの有効成分であるオルニチンは肝臓の働きを高めます。
疲労回復にも効果ありです。

オルニチンは、肝臓の細胞内でアンモニアを解毒する代謝経路、オルニチンサイクルの一部を構成します。
尿素回路とも呼ばれ、この回路でアンモニアは無毒な尿素に変換されます。
尿素を産生した後、オルニチンは肝臓で再生されます。
オルニチンは、オルニチンサイクルの働きを活発にすることでミトコンドリアの働きを助け、
肝臓全体の本来の機能を保つと考えられます。
また、エネルギーの元であるATPはアンモニアによって産生が阻害されます。
オルニチンは、アンモニアを除去することでエネルギー産生を円滑にし、
ひいては疲労の回復を促進すると考えられます。
実際、オルニチンには日常感じる疲労を抑える効果が示されています。

和食屋さんで、〆にしじみの味噌汁を出してくれますよね?

あれは二日酔いしないように気を利かせてくれてるからです。
味噌汁を飲むだけでも、十分効果はありますよ。

医師おススメの特効薬をつかう

  • ウコンを補充した
  • 味噌汁飲んた

のに二日酔いになってしまった、そこのあなた。
最後の手段があります。

「五苓散」という漢方薬です。

お医者さんに二日酔いでいったら、処方してくれます。
薬局でも売っています。

胃が荒れるので、胃薬と一緒にどうぞ。
それでは、本日のまとめです。

  • 二日酔いに効くサプリをからだに蓄えておく
  • バーテンダーおススメの特効薬をつかう
  • 医師おススメの特効薬をつかう

もちろん水はたくさん取ってください。
体内に水がないと、アルコールは外にでてくれませんので。

ではまた明日。

Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.comyamatatsu-kun.hatenablog.com

広告を非表示にする