NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

ジョブズも愛用したマインドフルネス(瞑想)の4つのご利益

f:id:yamatatsu-kun:20170918101707p:plain

海外のアンティークの輸入を営んでいる知人と、お茶をしました。

そのときにおもしろい話を聞きました。
米国のオレゴン州ポートランドという都市があります。

全米一の住みたい都市で有名です。

  • 手の届く距離に、生活に必要なモノがぜんぶある
  • おしゃれカフェもたくさん
  • 有機栽培のワイナリー
  • 山や川の大自然

があって、コンパクトな都市。

そのポートランド

今はひどい状態になっているとのこと・・・。

人口の約1%の人たちが、ホームレスとして街に溢れているそうです。

そして街の書店のベストセラー総合第1位がなんと、マインドフルネス!

マインドフルネスが流行っているのは、何かしらのご利益があるからなのでしょう。

今日のエントリは、マインドフルネスのご利益についてです。
瞑想会の出席レポートもふまえてお送ります。

瞑想の学校という本の著者が主催する会した。

実践! !  瞑想の学校

実践! ! 瞑想の学校

 

f:id:yamatatsu-kun:20170911144758j:plain

申し込み不要の気楽な「ゆる系」の瞑想会でした。
ついのめりこんでしまうのは筆者の悪い癖ですが、

  • 一見するとつながってない事象が、裏でつながっていることが分かった
  • 瞑想で不思議な感覚の状態に移行できた

マインドフルネスを続けていく価値を再認識しました。

と同時に

「筋トレとおなじく、信頼できるトレーナーについてもらわないと危険だな」

とも思いました。

変性意識を体験できる

今回の瞑想会(マインドフルネスの会)では

  • 寝る瞑想
  • 呼吸瞑想
  • 歩く瞑想
  • お茶瞑想

の4つの瞑想を体験しました。

みなさん瞑想というと、

  • 座禅組んで
  • 目を瞑って
  • 集中して

を想像しませんか?

禅の瞑想では正解ですが、それ以外では不正解。

今回はブッダが提唱する「気づき」の瞑想です。

なので日常の動作であれば、何でも良いとのこと。

動作を変えるたびに、手の動きや位置を「軽くパッと」確認できるものであれば、なんでもOKです。

寝る瞑想

横になって徹底的にリラックスしたあとで、指を少しだけ動かしてきづく「寝る瞑想」で、筆者は不思議な感覚を経験しました。

「お昼の会議で寝てはいけないと意識し続けてるけど、寝てしまってるときの状態」

に似てます。

  • 金縛りまではいかないけど体の感覚が鈍い
  • 意識はそこそこはっきりしている

ふしぎな状態。

ほかの出席者の方は、変性意識のじょうたいと呼んでました。

鐘の音で目が覚めます。

気分もばっちりです。

病みつきになるな、変性意識って・・・と思いました。

ですがこれ、仏教では禁止されている「ふける」にあたるとのこと。

先生は「ふけらなければOK。ふけると戻ってこれなくなるからNG」とおっしゃってました。

トレーナーの指導がないと、ふける人も出るでしょうね。

それほど病みつきになりかねない感覚でした。

歩く瞑想

歩く行為ひとつひとつに気づく「歩く瞑想」は、会場近くの古川庭園で散歩して行いました。

みなさん景色を見てうっとりしてると、記憶がふっとよみがえってくることはありませんか?

  • 幸せな記憶
  • いやな記憶

嫌な記憶がどんどんよみがえってきて、困りました。

ちょっと前まで仕事の負荷が高すぎて、倒れましたからでしょう。

トラウマになっていることを改めて自覚できました。

f:id:yamatatsu-kun:20170911150130j:plain

情緒を楽しめる

お茶の瞑想

お茶を飲む行為一つ一つを認識する「お茶の瞑想」も、おもしろかったです。

集中ではなく感じる。
みなさん、

  • 絵画・自然をみて美しいと思ったり
  • 食事を美味しいと思ったり
  • 夏の花火、浴衣を見て、夏だなあと思ったり

しませんか?

これらと同じことです。

愛でるってことです。

湧いてきた自分の感覚に、それに合うことばを探しますか?

感覚を分析しますか?

しませんよね。

自分のこころに湧いてきた感覚を、ただただ味わう。

瞑想は情緒を味わうような感覚で行います。

精神のサイエンスを理解できる

瞑想が終わって、先生への質疑応答タイムになりました。

禅問答みたいな説法されたんでしょって思った方もいるのではないでしょうか。
それは思い違いです。

極めて論理的でした。

  • 気づきの瞑想とは、呼吸などの何らかの動作を手掛かりに、心や体の法則・様子を客観的に観察する「技術」である
  • 瞑想では動作をこまかく分析していくのはNG。何cm動かしたなど。常にopen heart & not controlで行う。受けた感覚は否定したい。あるがままを受け入れる。
  • 瞑想で結果を出すためには、5つのポイントがある
  1. 瞑想のポジショニングを常に意識。耽るのが目的じゃないよね? 目的を忘れずに。
  2. 正しいやり方で実践する
  3. 習慣化する。一日5分でもOK。ストレッチみたいに、毎日の継続が大事
  4. 日常動作に落とし込む。お茶、食事なんでもでもOK。
  5. 体、言葉を整える。行動が思考を変えるから。
  • 瞑想は正念(サティ)・正智(サンパチャーニャ)の両輪で進める必要がある。正念は自分の思考を客観的に見る目。
  • 瞑想は英語でpay attentionという。正智は痴呆という言葉の反対。病でない正しい知識でJudgeできるようにする。正しい・正しくないを、Why?と問いながら自分で考えることが大事。
  • 仏教の戒は、道を誤らないための予防策である
  • 瞑想は目をあけて行う方が望ましい。外からの刺激に対し、openな態度で。なぜなら、日常に応用できなくなるから

とても勉強・刺激になりました。

瞑想って、宗教というよりもスキル・サイエンスだと思いませんか?

矛盾することを矛盾せずに解決する方法をまなべる

おもしろいエピソードがありました。

気づきの瞑想がいやな記憶からうまれる負の感情の連鎖を、断ち切るメカニズムについてです。

私たちの心(脳)は、

嫌な記憶をCollectionする

→ それらをConnectする

→ Decorationして増幅する

→Storyになる

機能をもっています。

トラウマの形成です。

危険なことには二度と近づかせないようにする。人間の危機管理能力ですね。

このConnectに、余計な・不要な接続が入ってしまうのです。
だから気づきの瞑想で記憶を1コマ、1コマに分解して断ち切っていく
すると、Storyが成立しません。

結果として、いやな記憶を起点とした嫌な感情の増幅が消えていきます。

それでは、本日のまとめです。

  • 変性意識を体験できる

  • マインドフルネスで情緒を楽める

  • 精神のサイエンスを理解できる

  • 矛盾することを矛盾せずに解決できる方法をまなべる

じつはこの気づきの瞑想。

西洋の大哲学者カントが発見した
「認識が対象に従う」のではなく「対象が認識に従う」
と同じ理屈に基づいているんですね。

ブッダはカントに遡ること2300年前に、気づいていた。

東洋と西洋の思想が根本では同じところに行き着く。面白いと思いませんか?

実践!マインドフルネス: 今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン

実践!マインドフルネス: 今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン

 

ではまた明日。
Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.comyamatatsu-kun.hatenablog.com

広告を非表示にする