NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

まだ在宅で仕事(テレワーク)せずに消耗してるの?

f:id:yamatatsu-kun:20170917182517p:plain

最近の朝のNHKで働き方改革が、放映されています。

ほぼ毎日。
ズレてます。

「仕事ができない社員が残業の上限に達した。だから、他のできる社員に仕事を回そうよ!」

ですって。

ブラック企業でしょ!

本日のエントリでは、在宅勤務(テレワーク)の長所と短所を解説します。

企業に所属しつつ在宅勤務している経験者ならではの視点で。
筆者のバックグラウンドですが、

  • 去年の夏から日本企業で在宅勤務を経験中
  • 会社に行くのは週1あるかないか

です。

これからは日本企業でも働き方改革なる号令のもと、在宅勤務制度が整備されていくと思います。

メリット・デメリットがあります。

周りの目を気にせずに、時間を有効活用できる!

在宅で仕事するメリットは2点に集約されます。

  • 周りの目を気にせずに時間を有効活用できる
  • 余った時間に、他人の業務をブチ込まれなくなる

日常がドラスティックに変わりました。

  • 自宅のコーヒーメーカーが使える。美味しいコーヒーが常時飲める。缶コーヒーよりも安い
  • 通勤時間が「片道90分」から「ゼロ」へ
  • 出社して制服に着替える必要なし
  • 中抜けしてフィットネスジムに行ける。オンライン英会話ができる
  • 買い物に行くときは混雑を避けられる
  • ネットサーフィンしたり、Youtube見たり、音楽かけたりしながら仕事できる
  • 家族と一緒にいられる時間がいちじるしく増える
  • 本を読める時間が増える
  • ちょくちょく空いた時間で家事&育児ができる

時間の使い方の主導権・裁量権を、組織から個人へ戻すことが在宅勤務です。

余った時間をどのように使おうが個人の自由になります。

仕事を頑張って早く終わらせたら

他人の仕事のしりぬぐいをやらされるのではなく
自分の勉強・家事・育児・休憩に費やせるんですよ? 

サイコーですよ?

余った時間を副業で稼ぐことにも使えます。

筆者は間違いなく以前のような会社員生活には戻れません。

戻る気はありません。

そもそも日本企業の会社員の勤務体系には、無駄な時間が多すぎます。

労働時間が著しく減る!

労働時間が減りました。予想外のことです。

  • 無駄な会議に呼ばれなくなった。距離がとおくなるから
  • 無駄な仕事の依頼が減った
  • 電話がかかって来なくなる
  • 仕事に集中できる。通勤で消耗しなくなったから
  • 仕事の生産性が向上する。仕事のやり方をカスタマイズできるから。
  • 自分が仕事しやすい環境にできる。

  • モチベーションが上がる。仕事を早く終わらせたら、余った時間が自由に使えるから

在宅ワークは、自分が仕事に集中しやすい環境作りをするにあたり他人に邪魔されなくなります。

だから、労働時間が著しく減るんですね。 

会社のコスト削減につながる

会社にとってもメリットがあります。

在宅で働いてもらうことでコストを削減できます。

  • 交通費。定期券が不要になる
  • オフィス費。地代、水道光熱費、備品など
  • 食費。会社補助もいらなくなる
  • 制服費
  • 人件費。拘束時間が少ないため

従業員の管理コストとトレードオフになります。

会社としても仕事をしない社員は欲しくないでしょう。

在宅勤務にまわして辞めてもらう空気を作った方が良いと思いますけどね。

 

だんだん仕事が来なくなる

在宅勤務は良いことずくめでは無いです。

だんだん仕事が来なくなります。

この理由はよ~くわかります。

筆者はハードウェアを作るエンジニアです。

協力会社さんと仕事してます。

仕事をよく依頼されるのは、どういう会社でしょうか?

近くに事務所のある協力会社さんです。

近くにいると呼んだらスグ来てくれるじゃないですか。

腕は良くても近くに居る方が便利です。

在宅勤務「し続ける」人は仕事がBOSSから降ってこなくなります。

自分で売り込む必要があります。

  • 無駄な仕事が減る
  • 会議に呼ばれなくなる

ことにはトレードオフです。

そして日本企業では周りに合わせない人は、よそ者扱いになります。

在宅勤務を強制することが追い出し部屋の代わりになってる会社もありますしね。

運動不足になる

在宅勤務を始めてから太りました。

万歩計をつけて調べてみたら、ビックリ! 

1日15000歩が、2000歩になってました。
家からほとんど出ないから、そりゃそうだ。

階段も上がらないし。

ジムに行くのもありですが、毎日の運動量を上げなくてはナンセンス。

筆者はデスクサイクルを購入しました。

いろんなデスクサイクルがアメリカから輸入されてますが、FitDesk社のデスクサイクルをお勧めします。

漕いでも日本製の机と干渉しない設計になっているからです。

仕事だけでなくネットサーフィンやブログ書きながらエアロバイクできるので、一石二鳥ですよ。

寂しくなる

会社に行かなくなるので、誰かと雑談しなくなります。

孤独です。
他のコミュニティに所属しておく必要があると思います。

会社に縛られなくなるチャンスでもあります。
結婚してると問題ないです。

妻と話せますから。 

日本企業は在宅勤務を運用できない。

制度を作っても中の人が対応できないと、運用できません。
日本の組織は同調圧力が強すぎますから、周りと違った行動をする人は裏切者と認識されます。

させないように追い込まれませんか?

空気で。

いまでも筆者はたかが30分の報告会議のためだけに、180分かけて来いという命令が来ます。

Skype使えないからですって。

使い方を学ぶつもりないからでしょ。

在宅勤務は10年周期で流行り廃りがあります。

昔からあるんですよ、ブームが。

自営するか外資に行かないと在宅勤務は続けらません。

きちんと確立されています。

もちろん会社に行かないと仕事ができない人はいますよ。

塾に行かないと勉強ができない生徒みたいなもんです。

外資では両立させています。

next.rikunabi.com

日本企業では会社に行かないと仕事できない人たちが多数派です。

彼らに合わせないと会社から追い出されます。

だから在宅勤務はブームで終わりますよ。

いつもそうだったから。

 それでは、本日のまとめです。

  • 周りの目を気にせずに、時間を有効活用できる!
  • 労働時間が著しく減る!
  • 会社のコスト削減につながる
  • だんだん仕事が来なくなる
  • 運動不足になる
  • 寂しくなる
  • 日本企業では、運用できない確率が高い。自営もしくは外資へ行くべき

今の20代の価値観は給料よりも時間です。

在宅ワークできない会社は優秀な人から順に見捨てられていきます。

次は若い人。
優秀な人・若い人いなくなると、残った人の業務が増えていきます。

けれどおじさんは仕事しない。

さっさと在宅ワークできる会社に逃げたほうが良いです。

ではまた明日。

Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.comyamatatsu-kun.hatenablog.com

 

広告を非表示にする