NEGLIA in Tokyo

やまたつくんのトラブルカルテ

アラサー男子がトラブル解決策についてまとめるブログ

ストレスの特効薬。それはマインドフルネス(瞑想)

f:id:yamatatsu-kun:20170915163504p:plain

 先日の逃げどころの判断指標を開設しました。

ですが人生には、ここを堪え切れれば勝ちという局面もありますよね。

「我慢くらべに堪え切れなった方が負ける」
ビジネスだけでなく、スポーツの試合にもあります。

相手のミスを誘うのが有効なときがあります。

プロどうしの場合、ほとんどです。それが名勝負になるんですね。

ここは逃げたいところだ・・・だけど

「もうちょっとだけ踏ん張り続けたい! 得られるものは大きいから」

と自分が判断したときに耐えきれるだけの精神力が欲しいと思いませんか?

一方で、

「精神を鍛えるなんて、どうすればよいの?」

と思うのは当然です。

そこで筆者は調べてみました。

ありました! 

医療・IT企業で流行してる方法です。

今やGoogleが社員の基礎教育で取り入れています。

より詳しく調べると、なんと古代から実績があり続けている方法。

今回のエントリは、ストレス耐性を劇的に上げられる技術である

「瞑想」

について解説します。欧米では、マインドフルネスと呼ばれています。 

うるさい自意識がストレスを呼ぶ

私たちは、心と体でできています。

心は、うるさい上司みたいなものです。

何か外から刺激を受けるたびに、

  • やれ空腹だの
  • 焦燥感だの
  • 怒りだの

を湧きあがらせます

何かおきるたびに何とかしろと体に命令するので、体が頑張って何とかしようとします。

するとストレスになるんです。

正確にはストレスホルモンであるコルチゾールを体が出して、興奮・攻撃態勢になります。

うるさい上司って、担当者のことをまるで分かってないことが多くないですか?
「うるせーな。言われた通りにやってもうまく行かないから、黙って見てろよ」

と思うことがありませんか?

まさにこれです。

これが瞑想です。

ブッダが開発した技術です。

「所業はすべて滅しゆくのが自然の理である。気づきを失わずにその様子を観察し、成就にいたれ」

と言っています。「無我」になる必要はないんですね。

自分の感情を主体者としてではなく、第3者として見るべし。

すると、怖れ・心配・不安・怒りなどの負の感情が心に生まれても、傍観することができる。これらは、そのうち消えて無くなっていくものだと実感できる。

負の感情への対処は体が自動でやってくれて、ストレスから解放される。そして、心も冷静に保てるのだ。

スポーツや音楽を長年やっている方なら実感があると思いますが、

「ゾーンに入る状態」

をつくる技術と同じなんです。
なので、瞑想を極めた人は、スポーツにも音楽演奏にも強くなります。

もちろん、ビジネスパーソンとしても。

新インナーゲーム (インナーシリーズ)

新インナーゲーム (インナーシリーズ)

 

特効薬は「気づき」のマインドフルネス

気づきの瞑想とは、日常動作である

  • 立っている
  • 座っている
  • 歩いている
  • 触れている
  • 口を開ける

動作をするたびに「~してる」と認識し続ける作業です。

言葉に出してはいけません。

分析ではなく、「認識する」だけです。

座禅を組んで目をつぶって行うのが一般的です。なぜなら、

  • 集中しやすい
  • 眠気を追い払いやすい

からです。

具体的なやり方は、プラユキさんの本を読むのことをお勧めします。

図で丁寧に瞑想のやり方が解説されています。

「瞑想修行」というと厳格な感じを受けますが、もっと気楽に、朗らかにやっていいのです。心を閉じずにオープンハートに生きていくと、心も明るくなります。

今ここを幸せに生きることを主体的に選択できるようになれば、いつでも幸せに生きていくことが可能になります。

また、手動瞑想のような単純な動作で幸せを感じられるようになれば、平凡な日常さえもが味わい深い一コマ一コマに変わっていきます。

事故にあいそうになったり、何か大きな危険に遭遇したとき、私たちは自然に意識の覚醒度を高めます。

しかし、気づきの瞑想を続けていると、そうした緊急時だけでなく、普段の日常生活の一コマ一コマにおいても、覚醒した意識でイキイキと快活に生きていけるようになります。

感受には「不苦不楽受」といって、快でも不快でもない中立的な感覚があります。ともするとわれを失ってしまいがちな中立的な感覚時においても、しっかりと目覚めを保って生きられるようになります。それによって生活の質も高められていくのです。

「気づきの瞑想」を生きる―タイで出家した日本人僧の物語

「気づきの瞑想」を生きる―タイで出家した日本人僧の物語

 
サーチ! 富と幸福を高める自己探索メソッド

サーチ! 富と幸福を高める自己探索メソッド

 
呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想

呼吸による癒し―実践ヴィパッサナー瞑想

 
仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か

仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か

 
講義ライブ だから仏教は面白い! (講談社+α文庫)

講義ライブ だから仏教は面白い! (講談社+α文庫)

 

昔は、ヨガにしろ瞑想にしろ、

「あやしいな」

「ヘンな宗教?」

「怖いよ」

と思われてましたから、広まりませんでした。

今や一種の「技術」として捉えてもらえるようになってきたのでしょう。

さて、本日のまとめです。

  • うるさい自意識がストレスを呼ぶ
  • 特効薬は「気づき」のマインドフルネス

ストレスに負けない生活―心・身体・脳のセルフケア (ちくま新書)

ストレスに負けない生活―心・身体・脳のセルフケア (ちくま新書)

 

ではまた明日。

Ciao~。

ご案内

yamatatsu-kun.hatenablog.com

マインドフルネスにハマってます

yamatatsu-kun.hatenablog.comyamatatsu-kun.hatenablog.com

人気記事セレクション

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

yamatatsu-kun.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする