NEGLIA in Tokyo

NEGLIA in Tokyo

東京に住む共働きサラリーマンの考えごと

MENU

他人の期待に応えすぎると早死にへ。逃げどころの判断指標を解説

f:id:yamatatsu-kun:20170814143356j:plain

筆者は、2年ほど前に仕事中に倒れて起き上がれなくなったことがあります。

プロジェクトリーダーになってから、体と精神を酷使し過ぎました。

プロジェクトって、高確率でヤバい局面が来るんですが、このプロジェクトは成功させないと会社が傾く・・・私はリーダーなんだ・・・弱気になっても周りに見せてはいけない、強くあらねばと自分を奮い立たせて、自分自身と周囲に対しての完璧なイメージを保ち続けていました。

会社は私に良くしてくれた。周りの人もいい人ばかりだ。社長も役員も期待してくれている。だから周囲に貢献し、社会のためになることを第一におき、毎日がんばっていこうという決意。

ですが、ずっと歯を食いしばって、心をすり切れらして踏ん張り続けている状況で、
自分の努力ではどうにもならない、今までの努力が無になる場面に会った時、折れます。ボキっと。
再起不能になりかねないぐらい。自分の無能さが周りにも明らかになって、折れてしまうんです。

そんなとき、あなたが大切にしたかった「周りの人」は心配するだけでなく、誰よりも悲しみます。ただし、こういうときにあなたの失敗を望んでいた人たちがいると、ここぞとばかりに集中砲火してきます。

おそらくあなたは耐えられず、ますます心が擦り切れていく。

今回のエントリは、人生における逃げどころの判断指標について解説します。

 

人間は過度のストレスを受け続けると、逃げ出すという選択肢が見えなくなる

まずは、この漫画をぜひ見ていただきたいです。

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 「死ぬくらいなら辞めればいいのに」と思う人は多いでしょうが、その程度の判断力すら失ってしまうのがブラックの恐ろしいところなのです。たとえば、両側を崖に挟まれた細道を歩いているとします。道にはいくつもの分かれ道や扉があります。
元気なうちはそれがまだ見えます。真面目な人ほどその道や扉を塗りつぶしています。何度も何度も繰り返し丁寧に。
そうこうするうちにも長時間労働は思考力を奪い司会を暗くし、ハラスメントは傷になって痛み続ける。
何度も塗りつぶした道や扉はもう見えず、大切な人の声も届かず、壊れたように歩くことしか考えられなくなり、気が付かないうちにその人の司会はこんなことになっています(真っ暗)

まさに、これです。ホントに。注意してても、コントロールしきれなくなります。

小室哲哉さんが詳しく書かれています。

「余計なことは考えなくていい。ただ続けろ。絶対にとまるな」僕には、その声に従うほかに選択肢がない。
それはもう、「生きながらにして死ぬ」ことを課された日々だった。
「何がどうなろうと、たとえあなたが精神を病もうが、粉々に砕けようが、とにかく次の駅までは這ってでも行ってください」
「今日で全て辞めます」なぜ、そう言えなかったのか。逃げ出さなかったのか。想像してもらいたい。一人の人間に何十億、何百億円の負担がかかることを。
ドラキュラは、日光を浴びると、一瞬にして灰になるという。あの頃の僕は、2年なり3年なりの時間をかけて、ゆるやかに灰になっていった。
それが「生きながらにして死ぬ」ということだ。

罪と音楽

罪と音楽

 

 

ストレスの蓄積が自分の許容値を超えつつある時、体に何らかの異変が起きる。サインを見逃さないようにすべし

ストレスが自分の許容上限を超え始めると、体は必ず何らかの異変を起こして、知らせてきます。男性は蕁麻疹、女性は口内炎が多いようです。
私の場合は、下記のようになることが実体験で分かりました。

Stage.1 口内炎が増える

Stage2. 全身が尋常でないレベルで痒くなる
Stage.3 お風呂に入ると皮膚に激痛が走る

Stage.4 朝起きても体が強制的に昼過ぎまで睡眠させるため、昼夜逆転が続く

 

元自衛隊メンタル教官が教える 「折れてしまう」原因は、ストレスではなく◯◯だった (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

パニック障害寸前になる前に、体が強制睡眠させてきたので、間一髪でした。
プロジェクトが完了後、元に戻るまで半年かかりました。元に戻ったから良いですが、今考えると恐ろしいです。

どんなに小さいストレスでも、解放できずに蓄積し続ければ、疲労破壊を起こします。

材料力学を知っている理系、エンジニアなら理屈もわかるでしょうし、実感もあると思います。

 

逃げることで失うものを最小にしておくべし

そうはいっても、どのタイミングでなら逃げてもよいのか、いつ逃げるべきなのか、その見極めがとても難しいなんですよね。

逃げられなくなる状況にハマることは絶対に避けるべきです。逃げることで失うものが大きいと(思うと)、逃げられなくなります。
住宅ローン、評判、正社員・大企業社員という立場、出世、私立の養育費などなど。

そして、人間はもってるものは得るモノの3倍の価値があると無意識に認識しているそうです。なにが君のし~あわせ~な~にをしてよ~ろこぶ~♪ というアンパンマンの歌。自分の幸せに優先順位をつけてみてください。

・この人に嫌われても他の多数には好かれてる。評判も良い
・クビになっても、転職先はある
・他に稼げる手段もある
・共働きの伴侶もいる

などなど、身軽な状態でいるのが解です。

ただし、これらは早めに確保しておくべきです。望ましくは20代。30代だと失うものが重なってしまう可能性があります。私がそうでした。「まさか! あれだけ注意してたのに」と思いましたが、踏んだり蹴ったりになる確率はゼロではありません。

参考書を紹介しておきます。ぜひ一読していただきたいです。

悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)

悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)

 

本日のまとめです。

  • 人間は過度のストレスを受け続けると、逃げ出すという選択肢が見えなくなる
  • ストレスの蓄積が自分の許容値を超えつつある時、体に何らかの異変が起きる。サインを見逃さないようにすべし
  • 逃げることで失うものを最小にしておくべ

でも逃げられなくなるのは、自分で考えるよりも他人の望む通り動く子を褒める日本社会の空気・教育が原因と思います。立つ鳥跡を濁さずということわざがありますが、守らずに辞める会社がどうなっても知ったこっちゃねえよが正解です。

働く業界が変われば、その人たちとは2度と会いませんし。実際に欧米、韓国など他のアジア諸国では流動性が高いけど、うつ病は少ないです。

 

 ではまた明日。Ciao~。